ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入による目の下のたるみ治療について、詳しく解説しています。治療の主な特徴や、副作用・リスクなどをまとめてみました。まずは、治療の主な特徴を3つのポイントにまとめてみたのでご覧ください。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

皮膚のくぼみを埋める

元々ヒトの体内に存在しているヒアルロン酸。このヒアルロン酸を注入すると、自身のヒアルロン酸と融合して皮膚に膨らみが生まれ、シワやたるみの充填剤となります。目の下も、ヒアルロン酸注入がよく行われる箇所のひとつ。柔らかめのヒアルロン酸を線状もしくは点状に少量注入することで、目の下のくぼみを埋めます

作用は早いが持続時間は短い

ヒアルロン酸注入の大きなメリットとして挙げられるのが、作用の発現が早いこと。注入してまもなく目の下のたるみがふっくらするのを実感できることが多いでしょう。

持続期間は、使用するヒアルロン酸の種類などによって差がありますが、通常は6ヶ月~1年程度。ただ、初めての施術時は吸収されるのが早く、数ヶ月程度しか続かないことも多いようです。何度も施術を重ねたり、注入量を増やしたりすると持続しやすくなるそう。

アレルギー反応が起こらない

多くの場合、体内に異物が入ってくると、その異物を排除しようとする働きからアレルギー反応が起こります。しかし、ヒアルロン酸はその心配がありません。なぜなら、もともと私たちの体内にある物質であり、異物と判断されないからです。

ヒアルロン酸注入の治療時間やリスクについて

ヒアルロン酸注入は比較的施術時間が短く、20~30分ほどで終了します(注入範囲の広さによって差はあります)。ダウンタイムが短いのも特徴ですが、人によっては以下のような症状が現れることがあるので知っておきましょう。

  • 赤み・腫れ…注入後、軽い腫れや赤みが出るケースも。ただ、多くの場合は2~3日で治まります。
  • むくみ…“水分を保つ”というヒアルロン酸の特性から、注入したヒアルロン酸が水分を集めてむくみが生じることも。だいたいは数日で改善します。
  • 内出血…最も起こりやすいのが内出血。注射針を刺すときに毛細血管が傷付くことで生じます。一週間ほどで治まることが多いようです。
  • しこり…浅い部位に注入すると、ヒアルロン酸がしこりのように触れるケースもあるよう。ただ、こちらも1~2週間でなじんできます。

目の下のたるみ総研のココがポイント

当サイトでは、ヒアルロン酸注入など、メスを使わない目の下のたるみ治療を行っているおすすめクリニックも紹介しています。「目の下のたるみはどうにかしたいけど切るのは怖い…」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

「切らない」目の下のたるみ治療メニュー
が多い東京のクリニックはどこ?

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。