黒クマ

疲れた表情や老けた顔つきに見られてしまう黒クマ。お悩みの方も多いのでは?実はこの黒クマ、加齢による目の下のたるみが原因になっていることがほとんど。そのためコンシーラーで隠すことも難しく、おすすめなのは美容施術を受けること。セルフケアでの改善はなかなか難しいので、是非クリニックでの治療を検討してくださいね。黒クマの症状や原因などについて詳しく見ていきましょう。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

黒クマの原因は?

黒クマ

目の下に黒っぽい線が入る、黒クマ。涙袋よりも下の方に現れるのが特徴で、頬が下がって見える原因にもなる厄介なクマです。

「自分のクマが黒クマかどうか分からない…」という方は、目の下の膨らみを細い棒(ペンなど)で軽く押してみてください。目の下の黒い線は消えますか?もし消えたら、黒クマの可能性が高いでしょう。膨らみの部分が押されたことで周りが膨らみ、黒クマの原因となっている影が消えたのです。

この黒クマの主な原因は、眼窩脂肪(眼球のクッションとなる脂肪)の突出。眼窩脂肪が加齢などの影響で膨らんでくると、この膨らみによって現れる目の下の黒い影が、クマとなって表情を曇らせてしまいます。

冒頭でも触れたように、この黒クマはコンシーラーなどメイク術で隠すのが困難。そのため、一番効果的なのは専門の美容施術を受けることです。目の下のたるみ・クマに対応する美容手術は色々とあり、メスを使わない(切開しない)方法もあるので、お悩みの方はぜひ検討してみましょう!

「切らない」目の下のたるみ治療メニュー
が多い東京のクリニックはどこ?

黒クマはどんな人に出やすいの?

主な原因は加齢による目の下のたるみ(眼窩脂肪の膨らみによるたるみ)なので、やはり年齢とともに症状が出やすくなるでしょう。もちろん、生まれつきの目の形や脂肪の量などによっても黒クマの目立ちやすさに差は出るようです。

黒クマで悩む人の口コミ

周りの人にも「今日なんだか疲れてる?」って聞かれる日が増えたんです。疲れていないのに。原因がわからないまま、ある時友人と写真を撮ったときに気づきました。私クマやばすぎ…!黒クマの正体は影なので、鏡でみたときは照明の関係で気づかない場合もあるんですね。しかし写真を見ると一目瞭然でした。

引用元:美LIFE(http://biyou-life.net/230.html)

長年目の下の黒クマとくぼみがひどく悩んでいろいろな美容液を試したりしてました。違う施術で伺ったクリニックで初めて眼窩脂肪がクマの膨らみの原因と知り、眼窩脂肪を除去し脂肪注入できる手術があると知りました。

引用元:口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101585/activity_detail/149120)

顔の印象も暗くなるしお疲れ顔に見えるし老けて見えるし、本当に嫌ですよね。私も写真を撮ったり鏡を見たりするたびに本当に落ち込んでました。

引用元:美LIFE(http://biyou-life.net/230.html)

目の下のたるみ総研のポイント

加齢によるところが大きく、セルフケアではなかなか改善できないのが黒クマ。「いつも疲れて見られる…」「どんどん老け顔になっていく…」と悩んでいる方は、思い切って美容手術を受けてみるのもひとつの手だと思います。

あなたは何クマ?
その他のクマの種類についても確認

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。