目の下のたるみ総研・東京 » 目の下のたるみ治療に関する疑問 » 目の下のたるみ治療は男性もできるの?

公開日: |最終更新日時:

目の下のたるみ治療は男性もできるの?

男性の悩みに多いのが目の下のたるみです。美容整形で男性の目の下のたるみ治療はできるのでしょうか?また男性のたるみの原因や、自分でできるケアの方法をまとめました。

男性でも目の下のたるみ治療は可能

男性も加齢によって目の下がたるみ、目の下に凹凸ができることでクマができてしまいます。もちろん、男性でも美容整形での目の下のたるみ治療はできます。

加齢によって顔の変化は誰にでも起こりますが、目の下は女性よりも男性の方が変化が大きく、たるみやすい傾向にあります。大きくたるんで色素沈着すると目の下のクマとなり、疲れて見えたり老けて見えたりするので、悩む男性は多いです。

参照元:Theoryクリニック公式HP(https://theory-clinic.com/undereye/male/)

男性の目の下のたるみの原因とは?

男性は女性に比べて眼窩脂肪の量が多く、さらに加齢などによって眼球を支えている靱帯がゆるみ、眼窩脂肪を突出させてしまいます。そのため目の下がふくらんで下垂し、たるみとなってしまいます。

原因が靱帯のゆるみなので、セルフケアでの解消は難しいと言えます。

また、最近ではスマホやPCを使用する時間が長いため、目を酷使して眼輪筋が衰えることや、目をこする癖があって皮膚がのびることも原因のひとつです。ほかにも肌の乾燥、遺伝といった要素が絡んでいることもあります。

参照元:こたろクリニック公式HP(https://kotaro-clinic.com/2021/03/25/2877/)

自分でできる目の下のたるみの解消法

靱帯のゆるみによるたるみの解消は難しいのですが、セルフケアで目の下のたるみを解消できることがあります。

まずは長時間スマホやPCを操作して目を酷使することを控えましょう。眼輪筋が衰えると視力の低下にも繋がるため、仕事の場合には画面からできるだけ離れ、1時間に10〜15分は休憩を入れましょう。

また目の周りは皮膚が薄くデリケートなため、乱暴にこすったり刺激を与えたりすることはやめましょう。乾燥を避けるために保湿クリームなどでしっかり保湿してあげてください。

紫外線も肌の弾力を衰えさせ、乾燥をまねく原因となるため、直射日光は避け、UVケアをすることをおすすめします。

参照元:こたろクリニック公式HP(https://kotaro-clinic.com/2021/03/25/2877/)

自力での解消が難しい場合は、クリニックへ相談

自分で目の下のたるみをケアすることはできますが、予防という要素が強く、靱帯がゆるんだことによるたるみは、セルフケアで解消するのは難しいです。男性でも美容クリニックで目の下もたるみを解消する施術を受けられるので、悩んでいる人や気になる人は、美容クリニックへ相談することをおすすめします。

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

銀座・品川・東京にあるクリニックの中で、「口コミ広場」サイトの口コミ評価が最も高く、切らない施術メニュー(脱脂術・脂肪注入・レーザー・ヒアルロン酸)を取り扱うクリニックをピックアップしました。口コミ評価の調査期間は2019/4/22~2019/4/26。調査内容は優位性を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。