40代の目の下のたるみ

目の下のたるみは、多くの40代女性を悩ませている肌トラブルの1つです。加齢によって肌に変化が起こりやすくなるため、40代に入ってから顔の印象が変わってきた……と感じている人も多いのではないでしょうか。そこで、40代で目の下のたるみが起こりやすい原因や、40代のたるみ治療について調べてみました。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

40代の目の下のたるみは何が原因?

40代で目元がたるむ原因としては、加齢によるものである場合が多くなってきます。また、年齢に関わらず、紫外線による肌へのダメージはNG!なので、日焼け止めクリームを塗るなど、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

肌のハリ・弾力・保水力の低下

真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、加齢によって減少してしまいます。20代では真皮層の70%程度を占めていたコラーゲン量が、40代では30%程度まで減ってしまうとか。そのため、肌のハリや弾力、保水力が低下してたるみやしわの原因に。

靭帯のゆるみによる眼窩脂肪の突出

ぷっくりと膨らみのある目元のたるみは、目の周りにある「眼窩脂肪(がんかしぼう)」が突出してきたもの。加齢によって眼球を支えている靭帯がゆるむことで、目の下にある眼窩脂肪が前に出てくるのです。この膨らみの下にはくまのような影ができてしまうので、さらに老けた印象になってしまいます。

マッサージなど、目元への刺激

目元のたるみが気になって、アイクリームでマッサージをしている人も多いかもしれません。でも、残念ながら、目の下のたるみにはマッサージはほとんど効果がないそうです。しかも、強くこすると目元のたるみを悪化させる恐れもあるので要注意!同様に、目元への刺激となるコンタクトレンズの着脱なども、たるみの原因となるので気を付けましょう。

40代でも目の下のたるみ治療は受けられる?

目の下のたるみ治療は、若い人から年齢肌の気になる人まで、幅広い年代の人が受けられます。目の下のたるみ治療を受けた人の口コミを調べてみると、特に30代・40代の女性が多く受けている印象がありました。

40代の目の下のたるみは、加齢によるものである場合も多く、自分でできるケアには限界があるので、色々試した末にクリニックへ相談する人も多いです。たるみ治療と一口に言っても、手術だけでなく、レーザーや注入術といった「切らない」治療など様々あるので、事前に調べておくと良いでしょう。

「切らない」目の下のたるみ治療メニュー
が多い東京のクリニックはどこ?

目の下のたるみで悩む40代の口コミ

目の下の膨らみが目立ち始めて、コンシーラーでも隠せないし、鏡を見るのも憂鬱に。これ以上ひどくなる前に施術を受けると決めて、3件カウンセリングに行き、口コミサイトも参考にしてクリニックを選びました。

参照元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101585/activity_detail/166931)

目の下のたるみに悩み続けて10年以上経ってしまい……。アイクリームでケアしても良くならないし、前に進みたくて、思い切ってカウンセリングを受けることにしました。

参照元:美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101585/activity_detail/166931)

目の下のたるみ総研のポイント

スキンケアでは解決できない目元のたるみが気になる40代。目の下のたるみ対策として、いよいよクリニックでの治療が有力候補になったという人も多いのでは?治療法の選択肢や、クリニックの特徴も様々なので、じっくり調べてから決めることをおすすめします!

年齢別に目の下のたるみの原因や対策を見る

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。