目の下のたるみ総研・東京 » 目の下のたるみ治療に関する疑問

公開日:|最終更新日時:

目の下のたるみ治療に関する疑問

目の下のたるみが気になって美容整形を考えているけれど、ダウンタイムが気になる、保険は使えるのかなど、さまざまな不安から治療に消極的になっている人もいるのではないでしょうか。ここでは、目の下のたるみ治療に関する疑問にお応えしていきます。

目の下のたるみ治療のダウンタイムはどれくらい?

ダウンタイムとは、手術後から通常の生活に戻るまでの期間のこと。個人差や手術の内容にもよりますが、目の下のたるみ治療では、施術法によってそれぞれ異なります。

術後2〜3日目の下に軽い痛みと腫れがあります。脂肪を吸引した場所には筋肉痛のような痛みが2〜3週間ありますが、処方された薬を規定通りに飲んでください。

メイクは翌日からOK、コンタクトレンズは1週間後から着用可能です。

参照元:銀座みゆき通り美容外科公式HP(https://www.osccl.com/kuma/after_care.html)

保険適用で目の下のたるみ治療は可能?

保険適用がされる治療とは、原則として病気やケガによって障害があるものを治療する場合です。美容整形の治療でも保険適用となる場合もありますが、目の下のたるみ治療には保険適用されません。

目の下のたるみ治療は「下眼瞼脱脂」と呼ばれますが、たるみの改善となり美容が目的の治療となります。目の下がたるんで眼窩脂肪が突出したり、黒クマができたりしても、視野が狭い、痛みがあるといった日常生活に支障をきたす訳ではありません。よって美容目的の治療となり、保険が適用されないのです。

参照元:東京イセアクリニック公式HP(https://www.tokyoisea.com/undereye/knowledge/dasshi-insurance-coverage/)

保険適用で目の下のたるみ治療は可能?

目の下のたるみ治療の傷は残る?

目の下のたるみの原因は、眼窩脂肪が加齢などで下垂するために起こるとされています。目の下のたるみ治療は、目の下の粘膜に小さな穴をあけ、高周波レーザーで下眼瞼粘膜面から侵入していきます。そして過剰な脂肪を除去したうえで目の下を平坦にする施術が行われます。

切開することがない施術なので、傷が目立ちにくいのが特徴です。目の下のたるみの原因が適切に除去されると、目の開きが良くなり、ぱっちりした目元になります。

参照元:GINZA CUVO公式HP(https://www.cuvo.jp/eye-design/eye-tarumi-shita/feature/)

目の下のたるみ治療は男性もできるの?

男性も目の下のたるみが加齢とともに目立つことがあります。目の下のクマで悩む男性は多くいます。老けた印象になるため解消したい、疲れて見えるから改善したいという男性は、もちろん美容整形で治療することができます。

症状によって向いている施術や治療法がありますので、美容整形外科医と相談して最善の方法を選択しましょう。

参照元:Theoryクリニック公式HPP(https://theory-clinic.com/undereye/male/)

目の下のたるみ治療は男性もできるの?

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

銀座・品川・東京にあるクリニックの中で、「口コミ広場」サイトの口コミ評価が最も高く、切らない施術メニュー(脱脂術・脂肪注入・レーザー・ヒアルロン酸)を取り扱うクリニックをピックアップしました。口コミ評価の調査期間は2019/4/22~2019/4/26。調査内容は優位性を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。