目の下のたるみ総研・東京 » 目の下のたるみと年齢の関係

目の下のたるみと年齢の関係

目の下のたるみを引き起こす原因は、年齢によってどう違うのでしょうか?目の下のくまが気になる20代から、目元で老けた印象になってしまう40代、目の下の膨らみやしわなど凹凸が気になる60代まで、年代別にたるみの原因や対策、クリニックでの治療についてまとめてみました。

若者から年配の方まで、幅広い年齢層の人を悩ませている目元のたるみ。実は、「目の下のたるみ」と一口に言っても、たるみを引き起こす原因は年齢によって変化していきます。

20代や30代では、普段何気なくしている生活習慣の中に、たるみの原因が潜んでいることも!40代以降になると、加齢による肌や組織の変化が、目元をたるませる原因になっていきます。

目の下のたるみ治療が受けられない年齢はあるの?

目の下のたるみ治療は、20代の若い人から加齢肌の気になる人まで幅広い年齢の人が受けられます。目の下のたるみ治療を受けた人の口コミを調べてみると、特に30代・40代の女性が多い印象を受けました。

年齢やたるみの原因によって適した治療法も違ってくるため、様々な治療法に対応しているクリニックに相談することをおすすめします。脱脂やレーザーといった「切らない」たるみ治療もあるので、治療法についても事前に調べておきましょう。

切らない目の下のたるみ治療に
対応している東京のクリニックは?

目の下のたるみの原因として考えられるものとNG行動

目元のたるみの主な原因は、やはり加齢によるもの。年齢を重ねると共に、肌のハリや弾力が低下することや、目の周りの筋肉や靭帯が衰えることで、目の下のたるみが引き起こされてしまうのです。

日頃の生活習慣の中にも、たるみの原因は潜んでいます。特に、若いうちからたるみが気になる場合は、知らず知らずのうちに目の下をたるませるNG行動をとっている可能性も。以下の項目に当てはまる人は要注意!目元のたるみを悪化させないためにも、生活習慣を見直してみてください。

  • 長時間のスマホ操作やPC作業
  • 紫外線対策をあまりしていない
  • 忙しくて睡眠時間が短い
  • クレンジングやマッサージで目元に刺激を与え過ぎている

年齢別に考える・目の下のたるみ対策

10代の目の下のたるみ

目の下のたるみといえば顔の老化現象というイメージを抱く人も多いですが、実は10代の女性でも目の下のたるみに悩んでいる女性がいます。まずは10代でも目の下がたるむ原因や治療法について知っておきましょう!

10代の目の下のたるみの原因と対策

20代の目の下のたるみ

20代でも、目の疲れや目元の乾燥などで、目の下にくまやたるみができてしまうことも。まずは、20代のたるみの原因を知って、生活習慣やスキンケアを見直すことが大切です!

20代の目の下のたるみの原因と対策

30代の目の下のたるみ

30代の目元のたるみは、加齢による肌の衰えや外的刺激など、複数の原因が考えられます。紫外線対策などをしっかりしても、セルフケアには限界があるため、最終的にたるみ治療を選ぶ人も多いです。

30代の目の下のたるみの原因と対策

40代の目の下のたるみ

加齢によって肌内部が変化することで、40代の目元はたるみやすくなります。アイクリームやリフトアップ化粧品など、あれこれ試したけれど効果なし……という人も多いのでは?40代のたるみ対策として、クリニックへの相談も。

40代の目の下のたるみの原因と対策

50代の目の下のたるみ

肌のハリや弾力を保つ真皮層の衰えや、目の周りにある眼輪筋や靭帯のゆるみで、目元のたるみが進行しやすい50代以降。目の下のぷっくりとした膨らみや窪みなど、たるみの状態に合わせた治療が必要となります。

50代の目の下のたるみの原因と対策

60代の目の下のたるみ

更年期後に女性ホルモンの分泌がほとんどなくなることや、骨の老化も加わり、肌の衰えを感じやすい60代。目の下のたるみやしわも悪化しやすく、複数の施術を組み合わせて治療することも多いです。

60代の目の下のたるみの原因と対策

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。