目の下のたるみ総研・東京 » 目の下のたるみ治療に関する疑問 » 目の下のたるみケアにおすすめの化粧品の選び方は?

公開日: |最終更新日時:

目の下のたるみケアにおすすめの化粧品の選び方は?

目の下にたるみがあると、目が小さく見えたり、実年齢以上に老けて見えたり、疲れた印象を与えたりします。

なるべく早く対処したいところですが、目の下のたるみに効果が期待できる化粧品はアイクリーム、美容液、目元用シートマスクなどさまざまで、どのような点に気を付けて選べばいいのかわからない方も多いかと思います。

そこで今回は、目のたるみケアにおすすめの化粧品の選び方について解説します。

保湿成分が配合されているか確認する

目の下のたるみケアに効果的な化粧品を選ぶ1つ目のポイントは、保湿成分が配合されているか確認することです。その理由は、目の下のたるみは乾燥によって起こりやすいからです。

目の下のたるみに効果的な保湿成分は、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の3つ。この3つの成分は加齢によって失われるので、効果的に補ってあげることが大切です。

セラミドは肌の水分を保持し、ハリや弾力を高める効果が期待できる成分。皮膚への浸透性が高い「天然セラミド」や人の肌と相性が良い「ヒト型セラミド」が配合されているものがおすすめです。

コラーゲンは乾燥ケアに有効な肌の水分を保持する成分で、ヒアルロン酸は高い保湿力が期待できる成分です。

また化粧品は成分だけでなくテクスチャーも大事。一般的なクリームよりとろみがあり、肌にすっと馴染むものを選びましょう。

ハリを与える成分が配合されているか確認する

目の下のたるみケアに効果的な化粧品を選ぶ2つ目のポイントは、保湿成分に加えて、ハリを与える成分が配合されているか確認することです。

なぜなら、目の下のたるみは加齢や紫外線ダメージ・生活習慣の乱れなどで肌のハリが失われることで起こりやすいから。

ハリは若々しい目元を維持するための重要な要素の一つです。肌にハリを与える主な成分としてレチノール、ナイアシン、ビタミンC誘導体などが挙げられます。

レチノールはビタミンAの一種でお肌に欠かせない成分。コラーゲンの生成を促し、目元にハリ・ツヤを与える効果が期待できます。

ナイアシンはビタミンB群の仲間で、肌の代謝や血行を促して目元にハリを与えることを目的とします。

ビタミンC誘導体は肌のハリ・美白に効果的な成分です。

レチノールやビタミンC誘導体はヒリヒリとした刺激を感じることもあるので、お肌が敏感な方はテスターなどで試すなどして、自分の肌質に合ったものを選びましょう。

添加物などの成分を確認する

目元のたるみに効果的な成分に着目するだけでなく、目元に悪影響を及ぼすかもしれない添加物などの成分に気をつけましょう。

ほとんどの化粧品に入っている防腐剤をはじめ、香料・着色料・アルコール・鉱物油・石油由来成分・合成界面活性剤などは、場合によっては肌に強い刺激を与えたり、アレルギー反応を起こしたりする可能性があります。

添加物が気になる方は、購入前に必ず化粧品の成分表示を見て、添加物ができるだけ配合されていないものを選びましょう。

「低刺激処方」「アルコールフリー」「合成着色剤フリー」「合成香料フリー」などの表記があるものが低刺激でおすすめです。できればテスターなどで試して、自分の肌に合ったものを選んでくださいね。

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

銀座・品川・東京にあるクリニックの中で、「口コミ広場」サイトの口コミ評価が最も高く、切らない施術メニュー(脱脂術・脂肪注入・レーザー・ヒアルロン酸)を取り扱うクリニックをピックアップしました。口コミ評価の調査期間は2019/4/22~2019/4/26。調査内容は優位性を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

ピックアップ関連記事