目の下のたるみ総研・東京 » 目の下のたるみ最前線!AtoZニュース » 目の下のたるみができやすい人がやっている生活習慣とは?

目の下のたるみができやすい人がやっている生活習慣とは?

こちらのページでは、目の下のたるみができやすい人の特徴や、そのたるみを症状を悪化させるNGな生活習慣などを紹介しています。人によって異なるたるみの治療法についても解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

目の下のたるみができやすい人の特徴

まずは、目の下のたるみが出やすい人の特徴を見てみましょう。心当たりのある方は注意が必要かもしれません。

  • 肌がぽちゃぽちゃとしていて柔らかい
  • 頬を引っ張るとよく伸びる
  • 乾燥肌である
  • まぶたが重くて目がショボつきやすい
  • 頬や顎周りの肉づきがよい
  • ほうれい線や顎のたるみが目立ってきた
  • 輪郭が下膨れタイプ

目の下のたるみを悪化させてしまうNG生活習慣

次に、目の下のたるみを悪化させるおそれのある行動・習慣をまとめてみました。日常生活の中で、何気なくやってしまっていることはありませんか…?

パソコンを長時間使用する

目を酷使することは、目の下のたるみを進行させる原因になります。仕事でパソコン作業をする時間が多い方や、家ではパソコンばかりいじっている…という方は注意した方が良いかもしれません。

ずーっと同じ姿勢でスマートフォンを見る

長時間下を向いたままスマートフォンをいじる…という行動をしていませんか?この姿勢は、首の前側を凝り固まらせて巡りを悪くするほか、重力で肌が下に引っ張られるため、目の下のたるみを助長するおそれがあります。

正しく睡眠をとれていない

眠りの質が悪いと、目の下のたるみも出やすくなるそう。安眠できないことで、体の機能修復が十分に行われず、たるみの原因につながるようです。テレビをつけっ放しで寝る、ソファーで寝る、寝る直前に食事や飲酒をする…など、質の良い睡眠を妨げる行動は避けましょう。

頭皮のコリがある

頭皮が凝り固まっていると、血流が滞って老廃物がたまりやすくなり、それが目の下のたるみにもつながるそう。頭皮のマッサージなど、コリをほぐしてあげる習慣をつけると良いかもしれません。

人によって目の下のたるみの治療は異なる

ここまで、目の下のたるみが出やすい人の特徴や、症状を悪化させるNG行動を紹介してきました。心当たりのある方は、ぜひ気を付けてみてくださいね。

ただ、上で紹介したNG行動を避けたとしても、目の下のたるみを完全に食い止めることは難しいでしょう。なぜなら、目の下のたるみの一番の原因は加齢(真皮の衰え・眼窩脂肪の突出・眼輪筋の衰え)であり、また、人によってその症状も適した対策も異なってくるからです。

そのため、早急に目の下のたるみを解消したい場合は美容外科クリニックに相談するのがおすすめ。当サイトではたるみ治療の名医がいるクリニックも紹介しています。

目の下のたるみに関する最新ニュースを読む

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。