グロースファクター(成長因子)

メスを使わない目の下のたるみ治療として注目を集めている「グロースファクター(成長因子)」について、特徴やたるみ改善に効くメカニズム、メリット・デメリットなどをまとめて解説しています。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

細胞の成長・増殖を促進させるグロースファクター

「グロースファクター」とは「成長因子」や「増殖因子」とも呼ばれるタンパク質の総称です。

まず、肌や筋肉、骨といった人体組織の細胞は、脳の下垂体から分泌されている「ヒト成長ホルモン」というホルモンの働きにより、成長したり増殖したりしています。しかし、ヒト成長ホルモンの分泌量は思春期や成長期を過ぎると減少していき、これが老化の大きな要因にもなっています。

グロースファクターは、このヒト成長ホルモンの働きを活性化させることで、細胞の増殖や組織の機能を促進させることができる物質です。[※1]

グロースファクターの種類は1つだけじゃない

グロースファクターには様々な種類があり、それぞれのグロースファクターによって成長・増殖を活性化させる細胞や組織が異なります。

そのため、グロースファクターの治療効果を最大限に発揮しようとすると、目的や治療部位に応じたグロースファクターを適切に使い分けることが大切です。

例えば美肌に関係しているグロースファクターには、以下のようなものが挙げられます。[※2]

EGF

表皮細胞成長因子と呼ばれ、表皮細胞の増殖に関与しているグロースファクターです。肌のターンオーバーを促進させるので、シミやくすみの治療に効果があるとされています。

FGF

線維芽細胞成長因子と呼ばれるグロースファクターです。FGFは表皮よりもさらに奥深くにある真皮組織において線維芽細胞を増殖させるので、コラーゲンやエラスチンといった肌組織に重要な物質を活性化させ、シワやたるみといった症状の改善を目指します。

IGF

インスリン様成長因子とよばれ、傷ついた細胞に働き、皮膚や肌組織を再生させる機能を持ったグロースファクターです。新しい肌細胞の産生を促すため、肌の弾力やハリを回復させて、たるみやシワを予防したり改善させたりします。

TGF

真皮の線維芽細胞で、コラーゲンやエラスチンなどを産生させるために必要とされるグロースファクターです。また、TGFには抗炎症作用があり、敏感肌の改善にも効果が期待されています。

グロースファクター配合のコスメよりも効果的な注射

近年では、美容液や美容クリームなどにグロースファクターが配合されていることも珍しくありません。

美容外科クリニックではさらにグロースファクターの効果をダイレクトに伝えるため、ヒアルロン酸やボトックスと同じように、注射によって目的部位へ注入する治療が広く行われています。

ヒアルロン酸注射やボトックス注射との違いは?

潤い成分であるヒアルロン酸を直接に注入するヒアルロン酸注射や、ボツリヌス菌の毒素によって表情筋をマヒさせてシワを解消させるボトックス注射は、気軽に行えるプチ整形として人気ですが、ヒアルロン酸やボトックスはあくまでも物理的に皮膚を押し上げたり、筋肉の動きを一時的に制限させたりすることで、見た目を変化させる治療法です。

対するグロースファクターは、肌細胞の増殖メカニズムに作用して、根本的に肌を若返らせる治療法といえるでしょう。[※3]

PRP皮膚再生療法とグロースファクター注入の違いは?

細胞の増殖を促す美容注射として、PRP皮膚再生療法(多血小板療法)という治療法も注目を集めています。血小板は通常、血液を固めて傷口の治りを早めるためなどに働いている成分です。

PRP皮膚再生療法では、患者の血液から高濃度に採取した血小板を顔の気になる部位へ注入することで、肌細胞に働きかけて肌の再生を促進させます。そのため、グロースファクター注入と似ている治療ともいえるでしょう。また、患者自身の血液から取り出される成分であるため、アレルギーなどのリスクも抑えられます。

しかし、血小板による肌細胞の成長・増殖効果はとても弱いため、特に深いシワや目立つたるみの改善を考えた場合、グロースファクターの方が有効とされています。[※3]

電気の力でグロースファクターを注入するエレクトロポレーション

エレクトロポレーションは、注射針を刺すのでなく、特殊な医療機器を使い、電気の力によって任意の美容成分を肌の奥まで浸透させる治療法です。

肌を傷つけないためダウンタイムがなく、痛みもほとんどありません。また、あらゆる肌質の人で行える治療とされています。

美容クリニックでは、このエレクトロポレーションによってグロースファクターを注入する、複合治療が提供されていることもあります。[※4]

グロースファクターにはリスクもある

グロースファクターはそもそも治療目的に合致した成分を選択しなければ意味がありません。

また、必要以上に投与しても意味がなかったり、むしろ過剰に投与することで脱毛などのリスクを増大させたりする場合もあり、種類・濃度・量・注入箇所などを総合的に見極めた治療が求められます。

目の下のたるみ総研のココがポイント

グロースファクターはメスを使わずに肌を根本的に若返らせられる治療として期待されていますが、一方で適切な医薬品を使って充分なスキルを備えた医師が注入しなければ、思わぬ副作用やリスクが引き起こされる美容医療でもあります。

そのため、グロースファクター注入を行おうと考えた場合、事前にクリニックの実績や医師の技術、資格の有無など、様々なポイントを比較して、信頼できるクリニックや医師を選ぶようにしてください。

参考サイト

※1:聖心美容クリニック公式サイト,「グロースファクター」[online]https://www.biyougeka.com/dictionary/detail/growth_factor/(2019年8月19日参照)

※2:美容雑誌「VOCE」公式サイト,「ビューティニュース|【成長因子って何?】ついに若返りが実現か!? カギを握るのは成長因子」[online]https://i-voce.jp/feed/8014/(2019年8月19日参照)

※3:ベル美容外科クリニック公式サイト,「FGF(細胞増殖因子)注入」[online]https://belleclinic.com/treatment/bfgf(2019年8月19日参照)

※4:西麻布ヒフ・形成外科公式サイト,「エレクトロポレーション」[online]https://nishiazabu111.com/1876(2019年8月19日参照)

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。