赤クマ

「目の下の赤っぽいクマが気になる…」という方も多いのではないでしょうか?実はこの赤クマ、加齢などによる目の下のたるみ(目の下の膨らみ)が原因になっているケースが多くあります。このケースの場合、最もおすすめなのは美容外科での施術。お悩みの方はぜひ一度相談してみましょう。

このページでは、そんな赤クマについて詳しく解説。症状が出やすい人や、口コミなどもまとめているのでぜひ参考にしてください。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

赤クマの原因は?

赤クマ

目の下にできるクマのうち、赤っぽい色を伴う赤クマ。クマといえば黒・青・茶クマのイメージが強いかもしれませんが、赤クマに悩む人も少なくありません。この赤クマの主な原因は、黒クマと同じで、眼窩脂肪(眼球のクッションとなる脂肪)の突出。眼窩脂肪が加齢などの影響で膨らむことによって、赤クマが出現するケースが多いのです。

冒頭でも少し触れたように、この赤クマに本気で悩んでいるなら、美容外科で専門の治療を受けるのがおすすめ。眼窩脂肪による内側からの筋肉の押し出しを防ぐ治療があるからです。美容外科といっても、メスを使わずに治療できる方法もあるので、まずは一度相談してみてはいかがでしょうか?

「切らない」目の下のたるみ治療メニュー
が多い東京のクリニックはどこ?

赤クマはどんな人に出やすいの?

加齢による眼窩脂肪の膨らみが大きな原因となるので、やはり年齢を重ねるとともに出やすくなるでしょう。また、テレビやパソコンを長時間使用する習慣がある人も赤クマが出やすいようです。

赤クマで悩む人の口コミ

赤クマが酷いので、カバー力が高いと噂のザセムのコンシーラーを購入。ただちょっと乾燥するかな〜って感じなのと、赤クマにはこれだけだと完全に隠れなかった…

引用元:LIPS(https://lipscosme.com/posts/396407)

茶クマだと思ってたけど、どうも血管が透けて見えてるタイプなので、常にある。 まぶたにも血管が見える。クマは、青というより、ちょっと赤っぽい紫に近い。コンシーラーは難しいから、ファンデで肌のトーンを整えて、ハイライトとかでごまかしてる。 隠そうとしすぎるのも不自然だから。

引用元:ガールズちゃんねる(https://girlschannel.net/topics/1461397/)

私の目の下には、ほんとうに小さい頃から赤いくまがあります。それは成長するたびにひどくなって、今では直視できません。学校へは毎日BBパウダーでカモフラージュして登校する日々です。それでも全然隠しきれていないし、塗ったあとがわかるし、真顔だとクマがひどいので常に笑ってくまをごまかしている毎日です。

引用元:口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/memoto/G_3004009/treatment/dr_qa/345)

目の下のたるみ総研のポイント

赤クマは、放っておくと黒クマを併発することがあります。そのため、早めのケアがとても重要。今以上に症状をひどくさせないためにも、まずは美容外科で正しいケア方法や適した美容治療を聞いてみてはいかがでしょうか?

他にも、様々なタイプのクマをご紹介しています。気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

あなたは何クマ?
その他のクマの種類についても確認

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。