ハムラ法

目の下のたるみに対応する治療方法「ハムラ法」について、特徴やメリット、ダウンタイムなどをまとめています。まずは、ハムラ法の主な特徴を3つのポイントにまとめてみました。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

“切除”だけではなく“移動”する治療

ハムラ法の特徴は、膨らんだ目袋の眼窩脂肪を“切除”するのではなく、下方のクマの部分(凹んだ部分)へ“移動”させること。この施術の開発者である医師の名前から「ハムラ法」と名付けられました。「目の下のたるみが気になる…」「目の下のクマを何とかしたい…」「目の下に疲れがみえる…」など、目の下のたるみに関わる悩みに対しトータル的にアプローチできるのが魅力です。

ハムラ法には2種類の方法が

ハムラ法には、皮膚表面を切開する方法と、下まぶたの内側の結膜を切開する方法(裏ハムラ法、トラコンハムラ法、経結膜眼窩脂肪移動術)があります。

皮膚側を切開する方法では、重度のたるみにも対応可能。一方で結膜側を切開する方法では、眼輪筋を処理しないため重度のたるみは解消できません。しかし皮膚表面に傷ができないなどのメリットもあるので「どちらの方法が良い」とは言い切れず、患者さんの希望や症状によって判断されることになります。

ちなみに皮膚側を切開した場合でも、傷跡は1〜3ヶ月ほどすればメイクで目立たなくできるよう。

長期の持続が期待できる

ハムラ法は、ヒアルロン酸注入のように短期的に吸収されることがないため、長期的な効果の持続が望めます。また、脂肪の量が多くなければ、脂肪を“切除”ではなく“移動”する方法をとるため、術後の凹みなどのリスクが生じにくいのもメリットのひとつ。

ハムラ法の治療時間やリスクについて

施術時間はクリニックによって2~4時間程度。入院の必要はありませんが、一週間後に抜糸を行います。ダウンタイムは以下のとおりです。

  • 腫れ…1週間ほどで落ち着いてきますが、自然になじむまでには1~2ヶ月かかることも。また、腫れている間は眼球と下まぶたの間に隙間ができることもあるよう。
  • 内出血…内出血が起こることもありますが、通常は2週間ほどで消えます。
  • 傷…切開傷は数ヶ月~半年ほどで落ち着いてきますが、傷跡の残り方には個人差があります。
  • つっぱり感…数ヶ月ほど、部分的なつっぱり感を感じることもあるようです。

そのほか、稀ではありますが「外反(まぶたが拘縮して「あっかんべー」のような状態になること)」が数ヶ月間生じるケースや、傷の周囲の感覚低下が生じるケースもあるようです。

目の下のたるみ総研のココがポイント

目の下のたるみ治療には、脱脂法やレーザー治療、ヒアルロン酸注入、糸リフトなど「切らない」方法もあります。当サイトでは、切らない治療を行っているクリニックも紹介しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

「切らない」目の下のたるみ治療メニュー
が多い東京のクリニックはどこ?

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。