目の下のたるみ総研・東京 » 目の下のたるみ最前線!AtoZニュース » 目の下のたるみの原因を知って対策を練ろう

目の下のたるみの原因を知って対策を練ろう

老けた顔に見られてしまう大きな原因のひとつ、目の下のたるみ。ここでは、そんな目の下のたるみを引き起こす原因や、おすすめの対策法などを調べてまとめています。セルフケアで改善できるのか、美容クリニックで治療を受けないと無理なのか。あなたの場合はどのタイプか、チェックしてみましょう。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

目の下のたるみの原因って?

目の下のたるみはさまざまな肌老化が絡み合って引き起こされますが、とくに以下の3つが大きな原因となります。

  1. 目の下の皮膚、なかでも「真皮」の衰え
  2. 眼窩脂肪の突出
  3. 眼輪筋の衰え

それぞれについて、少し詳しく説明しましょう。

真皮の衰え

真皮は、加齢や紫外線の影響により衰えてきます。真皮が衰えてその機能が低下してくると、皮膚の弾力やハリを支える力が弱くなり、たるみにつながるのです。

眼窩脂肪の突出(肥大化)

眼球の下には、クッションのような働きをしてくれる「眼窩脂肪」があります。この眼窩脂肪が加齢により衰えると、皮膚から突出したり、肥大化することが。それが目の下のたるみとなって現れてしまうのです。

眼輪筋の衰え

目の下は「眼輪筋」によっても支えられています。この眼輪筋が加齢で衰えてくると、上で説明した「眼窩脂肪」を支えられなくなります。つまり、上の「眼窩脂肪の突出・肥大化」を促進させてしまうのです。

これらの主な原因の他にも、乾燥や紫外線によるダメージ、目の酷使、睡眠不足、誤った洗顔法、無理なダイエットなど、生活習慣が目の下のたるみを進行させてしまうこともあるので注意が必要です。

目の下のたるみ対策には何があるの?

目の下のたるみの主な原因となる3つの項目(真皮の衰え・眼窩脂肪の突出・眼輪筋の衰え)については、加齢によるところが大きいので、対策といっても限度があるでしょう。しかし、それ以外の、たるみを進行させる要因(生活習慣)については改善対策も可能です。以下にまとめてみました。

  • 乾燥を防ぐ
  • 目を酷使しない
  • 正しい洗顔&クレンジングを行う
  • アイメイクによる過剰な刺激を避ける
  • 睡眠をきちんととる
  • バランスの良い食事を心掛ける
  • 正しい姿勢を心掛ける
  • むくみを防ぐ
  • 正しいマッサージを行う(間違ったマッサージは症状を悪化させる恐れも!)

これらの習慣を心掛けることで、目の下のたるみを予防したり、進行を遅らせることが期待できます。

確実かつ即効性を求めるならやはり美容クリニック

毎日のセルフケアや生活習慣の改善によって、目の下のたるみを予防あるいは進行を遅らせることはできますが、最も大きな原因である「加齢」が原因の場合には、おのずと限界があります。「色々試してはいるけどなかなか改善されない…」「できるだけ早くたるみを治したい!」という方は、ぜひ専門の美容外科クリニックに相談してみましょう。人によって異なるたるみの症状や進行具合に合わせて、適したケアや治療法を提案してくれるはず。

ただしクリニックでの治療は自由診療になりますので、施術メニューによっては高額な費用がかかる場合もありますし、手術ですから当然リスクもあります。あくまで自己責任で選択するということと、しっかり事前にリサーチしてから施術を受けるということを忘れないでください。

目の下のたるみに関する最新ニュースを読む

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。