60代の目の下のたるみ

加齢や女性ホルモンの減少などによって、体の内側からお肌まで、何かと変化が起こりやすい60代以降。目の下のたるみも「年齢だから仕方ない」と諦めていませんか?これからの人生を楽しむために、60代で目元がたるむ原因や、たるみ治療について調べてみました。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

60代の目の下のたるみは何が原因?

60代になると、女性ホルモンの分泌が極端に減少して骨格が変形したり、加齢による肌組織の機能低下が起こったりと、目の下のたるみを引き起こす原因も色々と考えられます。

そのため、60代女性が目の下のたるみを解消しようとすれば、原因をきちんと確認した上で、それぞれに必要な治療を充分に行うことがポイントです。

肌の乾燥・肌細胞の機能低下

肌細胞にとって重要なうるおいや肌の再生力が不足すると、フェイスラインのたるみや目の下たるみも起こりやすくなります。

食生活の改善やサプリ、マッサージなどで肌機能を向上させられることもありますが、それまで蓄積されてきた紫外線ダメージや長年の生活習慣の影響も大きく、簡単な解決は難しいのが現実です。

女性ホルモンの減少

60代以降は、加齢や閉経の影響で、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌がほとんどなくなってしまいます。エストロゲンには肌や髪などにツヤを与え代謝を向上させる役割があるため、エストロゲンが減少すると肌のハリ・弾力を維持できなくなって目元のたるみやしわが目立ってきてしまうのです。

バッカルファットなどの脂肪でたるむ

頬の下にある脂肪(バッカルファット)が加齢によって移動し、下から皮膚を押し上げると、その部分はたるみとなって顔に現れます。いわゆるブルドッグ顔などもこのバッカルファットの下垂が原因で起こります。

バッカルファットによるたるみは、頬の奥に位置する脂肪の塊を除去しなければ解消しないため、根本治療には美容外科で「バッカルファット除去」という手術を行なわないと改善されません。バッカルファット除去は口内を1センチ程度切開し、脂肪を引き出して切除したあと溶ける糸で縫合する施術です。

骨密度低下による頭蓋骨の縮み

意外なことに、骨の老化も、肌のたるみと関係があります。更年期後に女性ホルモンが減少すると、骨密度が低下して骨粗しょう症を引き起こしやすくなります。もしも顔面の骨密度が低下して顔面骨格が収縮した場合、その上にある皮膚があまってしまって、フェイスラインや頬、目の下などがたるむ大きな原因になります。また、頭皮のたるみも、顔のたるみを助長させる要因のひとつです。/p>

更年期後に女性ホルモンが減少すると、骨密度が低下して骨粗しょう症を引き起こしやすくなります。もしも顔面の骨密度が低下して顔面骨格が収縮した場合、その上にある皮膚があまってしまって、フェイスラインや頬、目の下などがたるむ大きな原因になります。

60代で受けられる目の下のたるみ治療

60代女性の場合、まずたるみの原因をきちんと突き止めることが重要です。そしてその上で、それぞれの原因に対して効果的な治療法を選択します。

肌細胞の機能を回復させるレーザー治療や、バッカルファット除去やフェイスリフト、脱脂術など物理的なたるみ改善手術、ヒアルロン酸注射や脂肪注入などがありますが、素人判断をせずに医師やカウンセラーの提案を聞いて、自分にとって何が有効か確認しておきましょう。

目の下のたるみ治療を専門とするクリニックでは、お悩みの原因と状態に合わせて、複数の「切らない」治療法を組み合わせることもあります。まずは、どのような治療法があるのかを知った上で、施術を受けるかどうか検討してみてください。

「切らない」目の下のたるみ治療メニュー
が多い東京のクリニックはどこ?

目の下のたるみで悩む60代の口コミ

  • 歳を重ねるごとに、鏡を見るのも、人に会うのも嫌に……。歳だからと諦めるより、自分に自信を持って生きていきたい!と思い、一番の悩みだった目の下のたるみ治療を受けることにしました。
  • 20代の頃から目の下のふくらみが気になり始め、年齢と共にふくらみに影ができて、コンシーラーでも隠せないレベルに。「キレイになって気分を上げたい」と治療を決心しました。

※「美容医療の口コミ広場」参照

60代のお悩みに「目の下のたるみ総研」がアドバイス

60代女性のたるみでは、1つの原因でなく、複数の原因が組み合わさっているケースがほとんどです。そのため経済的に余裕がある人や、確実な効果を望む場合には、定期的なレーザー治療や、複数の治療法を組み合わせた施術が有効でしょう。

美容クリニックや医師によって、費用だけでなく得意分野や治療メニューも異なるため、カウンセリングを活用しながら、理想やイメージに最もマッチした方法を探してみてください。

急激な肌の衰えを感じやすい60代。年齢だからと諦めず、クリニックへ相談してみるのが吉、かもしれません。自分のたるみの状態に合わせたオーダーメイドな治療が決め手となるのではないかと思います。

年齢別に目の下のたるみの原因や対策を見る

≪参考サイト≫

・美容医療の口コミ広場(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101585/activity_detail/141944)

・城本クリニック公式サイト「若見え特集」(https://www.shiromoto.to/pickup/antiaging/)

・エストクリニック公式サイト「美容コラム:50~60代のあなたへ」(https://www.hellobiyou.com/column/50s60s/)

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。