目の下のたるみ総研・東京 » クマ治療でおすすめな美容外科とクマの種類

クマ治療でおすすめな美容外科とクマの種類

顔の印象を大きく変えてしまう目の下のクマ。実は、その原因が「目の下のたるみ」にあることも多いのをご存知でしょうか?ここでは、クマの原因やその種類などについて詳しく紹介していきます。

クマの原因は「目の下のたるみ」

目の下のクマといえば、寝不足や疲れなど生活習慣によってできるもの、というイメージが強いと思います。もちろんそのケースもあるのですが、実は、「目の下のたるみ」が原因になっているケースも少なくありません。

クマの種類によってもその原因は異なりますが、生活習慣の改善やセルフケアなどであまり良くならない場合は、目の下のたるみから引き起こされているクマの可能性があります。

クマ治療が可能な東京の美容外科はどこ?

目の下のたるみが原因となっているクマの場合、セルフケアだけではなかなか改善できません。その場合は、一度専門の美容外科に相談してみることをおすすめします。適した治療法を提案してもらえるのはもちろん、間違ったセルフケアでたるみを悪化させてしまうことも防げます。

当サイトでは、切らないたるみ治療の名医※がいる東京の美容外科クリニックも紹介しているので、クマでお悩みの方はぜひチェックしてみてくださいね。

※このサイトでは、「口コミ広場での評価が高いクリニックに属する医師(口コミ調査期間:2016/9/5~2019/2/8)」を名医として定義づけています。

切らないたるみ治療の名医がいる
東京の美容外科クリニックをチェック

意外と知らない「クマの種類」

ひとくちにクマといっても、いくつかの種類があることをご存知でしょうか?主に「黒クマ」「茶クマ」「赤クマ」「青クマ」の4種類があり、それぞれ原因や対処法が異なります。

それぞれクマについて、その特徴や原因を簡単にまとめてみたので、詳しくはそれぞれの詳細ページを確認してみてくださいね。

黒クマ

黒クマ小

涙袋より下方に黒っぽい線が現れる黒クマ。暗い表情・疲れた表情に見えるほか、頬が下がって老けた印象も与えます。

黒クマの原因は、多くが目の下のたるみ(眼窩脂肪の突出)。そのためメイクではなかなかカバーできず、また、セルフケアで改善することも難しいでしょう。

黒クマの原因と改善策

茶クマ

茶クマ小

茶色っぽい色が現れる茶クマは、主にメラニン色素の沈着が原因。目のこすり過ぎや化粧品の影響、紫外線の影響などから、色素沈着を起こしてしまっている状態です。

対処法は、皮膚表面の色素沈着なのか、奥の層まで沈着しているのかによって少し変わってきます。

茶クマの原因と改善策

赤クマ

赤クマ小

赤っぽい色を伴うクマができることもあります。この赤クマは、黒クマと同じく、目の下のたるみ(眼窩脂肪の突出)が原因となっているケースが多いよう。そのため、やはり黒クマ同様、セルフケアでの改善は難しいと考えられます。

赤クマの原因と改善策

青クマ

青クマ小

青系や紫系の色が現れる青クマ。その主な原因は血行不良です。蒸しタオルで目元を温めたりマッサージをすることが良いと言われますが、間違ったマッサージで逆に悪化させてしまわないよう、注意が必要です。

青クマの原因と改善策

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。