目の下のたるみ総研・東京 » 目の下のたるみ治療法リスト » 切開法などその他のたるみ治療

切開法などその他のたるみ治療

切開を伴う目の下のたるみ治療について詳しく紹介。目の下のたるみ治療は、“切らずに”治療することも可能なので、併せて確認していきましょう。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

目の下のたるみ治療は切開が必要?

こちらのページでは“切開”による目の下のたるみ治療について詳しく解説していきますが、「顔にメスを入れるのはちょっと怖い…」という方も多いですよね?

そんな方には、切らずに行う治療をおすすめします。脱脂法やレーザー治療、ヒアルロン酸注入、糸リフトなどメスを使わない方法もあるので、気になる方はぜひそちらをチェックしてみてください。「仕事があるしダウンタイムが長いのは困る…」という方にもおすすめです!

切らない目の下のたるみ治療を
行っている東京のクリニックは?

代表的な目の下のたるみ切開法

目の下のたるみ治療には、メスを使って切開する方法(下眼瞼切開)もあります。具体的な方法としては主に3種類(皮弁法・筋皮弁法・ハムラ法)あり、それぞれの症状に適した切開法が選択されることになるでしょう。目の下は「しわ」「たるみ」「くま」という3つの要素が組み合わさってくる部位のため、その診断には医師の経験が重要となるようです。

3種類の切開法のうち、目の下のたるみ取りとしてこのサイトで注目したいのが「ハムラ法」。いずれの方法でも、施術時間はだいたい120分程度。術後5日~1週間後に抜糸を行います。(※個人差があります)ダウンタイムは人によって差がありますが、約1週間はみておいた方がよいでしょう。完全に落ち着いて自然になじむまでには、さらに期間がかかるようです。

ハムラ法ってどんな治療?

下眼瞼の脂肪が突出し、その下のくぼみが目立つ場合に適応となるのが「ハムラ法」。40代以降では多くの方がこのケースに当てはまります。具体的な方法やその特徴、メリット、ダウンタイムなどについては別ページで詳しく解説しているので、ぜひチェックしてくださいね。

ハムラ法について

その他の目の下のたるみ切開治療は?

3種類の切開法のうちたるみ取りとして最も主流なのは「ハムラ法」ですが、それ以外の2つはどのような治療方法なのでしょうか…?

皮弁法

「しわは気になるが、たるみはそこまで目立たない」というケースでは、たるんだ皮膚を切除する皮弁法が適しています。患者さんがまだ若く、また、しわが下まぶた縁に近いケースに限られるそうです。

筋皮弁法

しわだけでなく、眼輪筋のたるみが加わり下眼瞼の膨らみも目立つ場合には、この筋皮弁法が適応。皮膚と筋肉を上方へ引き上げる方法で、以前は下まぶたの美容手術として標準になっていました。しかし、頬瞼溝(ゴルゴ線)の解消ができないため現在はハムラ法がグローバルスタンダードとなっています。

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

口コミ評価の調査期間は2016/9/5~2019/2/8。「口コミ広場」サイトにて、目の下のたるみ治療に絞って東京のクリニックを検索した場合に、評価が高い順かつ、美容激戦区である銀座・品川・新宿エリアでNo.1の評価を得ているクリニックを比較しています。調査内容は優位性を表すものではなく、口コミの評価は名医を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。