公開日: |最終更新日時:

麻布ビューティクリニック

加齢やその他の原因によって起きる目の下のたるみ。今回は、編集部が厳選した「目の下のたるみ治療を行う東京のクリニック」のうち、目の下のたるみ治療を受けられる東京の麻布ビューティクリニックについて、特徴や評判などまとめています。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。

麻布ビューティクリニックの特徴

臨床経験豊富なプロが対応

麻布ビューティクリニックに在籍するドクターはすべて臨床経験10年以上のプロ。アラガン・ジャパン認定講師としてヒアルロン酸注射やボトックス注射の技術指導も行っています。

施術前後のフォロー体制も充実

麻布ビューティクリニックではボトックスやヒアルロン酸など、注射による治療を実施しています。患者さんの仕上がりに寄り添うために、すべての施術について再診料・術後の相談料は無料としています。ボトックス治療は施術後1ヶ月無料で実施しています。

麻布ビューティクリニックの加藤 聖子院長について

加藤 聖子院長
引用元:麻布ビューティクリニック公式HP
https://www.abcsalon.co.jp/clinic/#staff

加藤聖子院長は東京大学医学部を卒業後、毎年アラガン認定指導医に選出されるほど注入治療に定評のある医師です。日本抗加齢美容医療学会に所属し、美容治療に力を注いでいます。

加藤院長の略歴

1997年 東京大学医学部 卒業

2008年 麻布ビューティクリニック 設立

2020年 アラガンメンターシップ 選出

引用元:麻布ビューティクリニック公式HP(https://www.abcsalon.co.jp/clinic/#staff/)

麻布ビューティクリニックの評判

吹きだし何度もお世話になってますがいつ行っても受付の方も先生も皆さんとっても感じがよく丁寧でプロ意識といいますか、本当に素晴らしいです。
色んな美容クリニックを知ってますが患者への配慮はこちらが間違いなく一番です。
入口と出口が別(別階)だったり、パウダールームが個室になっていたりと他のお客さんと顔を合わせる事がほぼ無いのでプライバシー面もきちんとされてます。
Web予約だとクリニックの空き状況がわかるようになってるのでやりとり無しでその場で予約完了できるのも地味に嬉しいです。

引用元:Google(https://www.google.com/search?q=麻布ビューティクリニック&oq=麻布ビューティクリニック&aqs=chrome..69i57j0i512l5j69i61l2.323j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8#lrd=0x60188b61908f8673:0x30d7b3cc07fd5454,1,,,)

吹きだし医師もスタッフも丁寧でマナーもしっかりされてますのでいつも安心して気持ち良く通院しています。料金も明確に表示されていて美容クリニックを利用する際の不安も感じたことはありません

引用元:Google(https://www.google.com/search?q=麻布ビューティクリニック&oq=麻布ビューティクリニック&aqs=chrome..69i57j0i512l5j69i61l2.323j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8#lrd=0x60188b61908f8673:0x30d7b3cc07fd5454,1,,,)

麻布ビューティクリニックの目の下のたるみ治療法

目の下のたるみ治療を行う東京の名医BEST3

切らない治療が豊富!目の下のたるみクリニック IN 東京
※「口コミ広場」での調査について

銀座・品川・東京にあるクリニックの中で、「口コミ広場」サイトの口コミ評価が最も高く、切らない施術メニュー(脱脂術・脂肪注入・レーザー・ヒアルロン酸)を取り扱うクリニックをピックアップしました。口コミ評価の調査期間は2019/4/22~2019/4/26。調査内容は優位性を表すものではありません。

※各クリニックの治療について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療です。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。

また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なります。不安な点は各クリニックの医師に直接確認・相談し、治療を検討することをおすすめします。